次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

2010年9月18日 16:00

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

イギリス宇宙局(UK Space Agency)が10年間かけて次世代宇宙航空機のSkylon(スカイロン)を開発するそうだ。

滑走路から飛び立つ宇宙航空機

スペースシャトルのように、ロケットや発射台は必要ないようです。

既存の飛行場を使って宇宙に旅立つことができるというわけです。で、途中でロケットモードになって宇宙に飛んでいくそうだ。

イギリス宇宙局は、Skylonの強みとしてスピードじゃなくて費用面だと言っているようです。

今までの莫大な発射費用とは比べ物にならないくらい安く済むという。だから900億円を超える開発費なんてすぐ回収できるよ!的なことを言っているようだ。

Skylonが実用化されるまではどうする

10年後には飛行場からSkylonで宇宙に行くのが当たり前になるかもしれないけど、それまでどうするのよ!

宇宙開発に空白ができるまえに、NASAから次世代宇宙航空機がでることを願うよ。

その前に民間宇宙航空機がもっと凄くなってるかもね。

2012/04/29夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

成層圏からスカイダイビング!人類の偉大な記録映像を観よ

宇宙から地球にジャンプ!って感じの映像だ。高さに震えるって域を既に超えてる景色。美しさに吸い込まれるようにダイブしている。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。

酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

NASAが発表した生物の存在はいろんな想像と夢をみせてくれるがっかりしない存在

先日NASAが発表した地球外生命体に関する発表に関して、「がっかりした」とか記者会見後すぐに解散したなどいうけど、この発表がどれだけ夢のあることか。よーく考えてみると、実はすごい夢のある話だと思うし、実際教科書が書き換わるすごいことなんだけどなぁ。

沖縄がすごい身近になった!ジェットスターが国内線航空運賃を発表

格安航空会社(LCC)に結構注目しているのですが、今回発表されたジェットスター・ジャパンの国内6路線を見て、これはすごいって思ったわけですよ。旅行の候補地が一気に増えた気がする。

近い未来2025年の航空機はどうなっているのだろうか

最近では、民間宇宙航空機などが登場して、航空機が大きく変わろうとしている。近い未来、航空機のデザインも大きく変化するだろう。NASAもそんな近い未来の航空機デザインを提案しています。

スリムな宇宙服『BioSuit』

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。