1億円する日本製ロボットが海外で大人気!注文が3000件を超えている

2012年11月7日 22:23

水道橋重工が作ったロボット「クラタス」が海外でとんでもない人気を得ているようだ。さすがロボット大国日本と言わせる巨大ロボットとはいったい…。

結構前から日本では有名だったので、知っている人は知っているはず。

Asimoみたいなかわいいやつでしょ?って思っていたら大間違い。

まさにロボット。キャラクターっぽいやつじゃないです。ロボです!

とにかくデカい

Height:about 4,000mm / Width: about 3,000mm / Length: about 4,000mm / Weight: about 4,500kg

縦横高さが約4mもある、車輪付きの4本足の巨大なロボット。

重さは約4.5トン。。デカすぎる。

1名搭乗可能!

乗れるんです。スゴモリの記事によると、

タッチパネルモニターによる操縦も可能だ。「クラタス」の頭部にはメインカメラが搭載されており、外の様子がコックピット内のモニターに表示される。動力は、ディーゼルエンジンによる油圧駆動だ。

なんかマンガやゲームの中から急にロボットが出てきたような感じです。

価格は約1億円

カスタマイズもできるようで、武器だけでなく、頭などのパーツを水道橋重工のウェブサイトでカスタマイズできます。

ハンドガンは70,000ドルと比較的お買い得な感じがします…本体が1億円と聞いた後だと。

ちなみに記事によると、受注開始から1ヶ月ほどで、注文が3,000件を超えているそうですよ。

海外メディアを賑わすロボットとは…

ってことで、観ていただきたい。

これ、このまま改造して本当に軍事目的で利用されたりしないだろうか。ちょっと心配になるのは自分だけでしょうかね。

1億円のロボットが3,000台。単純に水道橋重工は3,000億円を売り上げる巨大なロボット企業になったことになりますね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

どんな道でも荷物を持って追いかけてくる4足歩行ロボット「LS3」!あのBigDogが進化した

どんな道でも人間の代わりに重い荷物を持って歩いてくれるロボットBigDogですが、進化してましたよ。予想以上に動物っぽく…いや頼もしい存在になってます。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

世界初!対話と行動を学習する人工知能ロボット

ルービックキューブが得意なロボット『RuBot II』

気持ち悪い4足歩行ロボットBigDogが小さくなったLittleDog

動きが気持ち悪いけど、技術的にはすごいBigDogって覚えてますか?蹴られても蹴られても、がんばって歩き続けるあの気持ち悪い4足歩行ロボットのことです。それが小さくなってより気持ち悪くなりました。でもこの技術ってすごい未来が広がっていると思います。

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。

セクサロイドの可能性と必要性。2050年にロボットが売春を開始?

ニュージーランドの経営学教授と性科学者によるセクサロイドに関する論文に関する話ですが、まったくなくはない話だなと思って、セクサロイドの可能性と問題点などを真剣に考えてみる。考えるとなかなか面白い未来だと思う。

小学校で人工知能ロボット「ロボビー」が教師をサポート!ロボットが教育する立場へ

まさかと思ったが事実のようです。そろそろ小学校ではパソコンの導入が当たり前だね、きっと…って思っていたが、まさかロボットが導入される時代とは…。