1億円する日本製ロボットが海外で大人気!注文が3000件を超えている

2012年11月7日 22:23

水道橋重工が作ったロボット「クラタス」が海外でとんでもない人気を得ているようだ。さすがロボット大国日本と言わせる巨大ロボットとはいったい…。

結構前から日本では有名だったので、知っている人は知っているはず。

Asimoみたいなかわいいやつでしょ?って思っていたら大間違い。

まさにロボット。キャラクターっぽいやつじゃないです。ロボです!

とにかくデカい

Height:about 4,000mm / Width: about 3,000mm / Length: about 4,000mm / Weight: about 4,500kg

縦横高さが約4mもある、車輪付きの4本足の巨大なロボット。

重さは約4.5トン。。デカすぎる。

1名搭乗可能!

乗れるんです。スゴモリの記事によると、

タッチパネルモニターによる操縦も可能だ。「クラタス」の頭部にはメインカメラが搭載されており、外の様子がコックピット内のモニターに表示される。動力は、ディーゼルエンジンによる油圧駆動だ。

なんかマンガやゲームの中から急にロボットが出てきたような感じです。

価格は約1億円

カスタマイズもできるようで、武器だけでなく、頭などのパーツを水道橋重工のウェブサイトでカスタマイズできます。

ハンドガンは70,000ドルと比較的お買い得な感じがします…本体が1億円と聞いた後だと。

ちなみに記事によると、受注開始から1ヶ月ほどで、注文が3,000件を超えているそうですよ。

海外メディアを賑わすロボットとは…

ってことで、観ていただきたい。

これ、このまま改造して本当に軍事目的で利用されたりしないだろうか。ちょっと心配になるのは自分だけでしょうかね。

1億円のロボットが3,000台。単純に水道橋重工は3,000億円を売り上げる巨大なロボット企業になったことになりますね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

小学校で人工知能ロボット「ロボビー」が教師をサポート!ロボットが教育する立場へ

まさかと思ったが事実のようです。そろそろ小学校ではパソコンの導入が当たり前だね、きっと…って思っていたが、まさかロボットが導入される時代とは…。

ルービックキューブが得意なロボット『RuBot II』

まるで映画のReal Steal!人型の巨大ロボットが殴りあうテレビ番組

海外のお話だが、実際に来年の2月から人型のロボットが殴り合いの対戦をするリーグ戦がテレビ番組として放送されるそうだ。時代はここまで来たか。

気持ち悪い4足歩行ロボットBigDogが小さくなったLittleDog

動きが気持ち悪いけど、技術的にはすごいBigDogって覚えてますか?蹴られても蹴られても、がんばって歩き続けるあの気持ち悪い4足歩行ロボットのことです。それが小さくなってより気持ち悪くなりました。でもこの技術ってすごい未来が広がっていると思います。

ロボットや家電製品がケガをすると出血する時代がやってきた

ついにロボットや家電製品も出血して、さらに自己修復するって機能が付くかもって話です。何に使うんだよって思うでしょ?でも理解するとよく考えられてるって思う。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。

人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

どんな道でも荷物を持って追いかけてくる4足歩行ロボット「LS3」!あのBigDogが進化した

どんな道でも人間の代わりに重い荷物を持って歩いてくれるロボットBigDogですが、進化してましたよ。予想以上に動物っぽく…いや頼もしい存在になってます。

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。