Skitch for Macをダウングレード!改悪してしまったSkitchを元に戻す方法

2012年12月16日 13:40

このブログでも紹介したアプリケーションのSkitchですが、とつぜん全く別なアプリケーションになってしまって悲しかったので、ダウングレードしました。その方法をご紹介します。

レビューでも「改悪だ!」で埋め尽くされていますね。

あの頃はよかった。なんであんなことしてくれたんだろうか。

便利な機能が使えなくなった

自分が一番便利だと思っていたURLでページ全部をキャプチャする機能とか、使い勝手も今公開されているSkitchより感覚的で使いやすかった。

いや、すべてがすべてダメとは言わない。

ただなんであんな良かったSkitchとは別人を作ってしまったんだい?って言いたい。良い点はちゃんと引き継いで欲しかった。

以前のバージョンのSkitchの良かった点に関しては、MacのキャプチャソフトはSkitch以外考えられない!ってくらい便利という記事を読めば分かるはず。

Skitch 1.0をダウンロード

実はあの良き時代のSkitchは公式サイトで公開されていたりします。

Skitch | Evernoteにアクセスすると、様々なデバイス向けSkitchをダウンロードできる場所の下に、[以前のバージョンをダウンロード:Skitch for Mac (1.0)]とあります。

Skitch for Mac (1.0)

これをクリックすれば、あの頃のSkitchにまた会うことができます。

ちなみに、今のSkitchをApp Store経由でダウンロードしている場合は、上書きできないっぽいので、自分は「Skitch 1」と命名して[アプリケーション]に保存しています。

Skitchはこうでなくっちゃ

やっぱりこれだよね。

Skitch 1.0を公開してるってことは、開発側でもこの不評っぷりを理解してるってことかな。

Skitch 1.0の使い方に関してはMacのキャプチャソフトはSkitch以外考えられない!ってくらい便利を御覧ください。

これで今までと変わらない生活を!

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

いろんな形式の動画を再生できるMac用動画プレイヤー「MPlayerX」が凄過ぎる

Macでさまざまな動画を観ようとするといろんなプレイヤーをインストールすることになる。自分は今までQuickTime、VLC、RealPlayerなど用途に合わせて使い分けてきた。もちろん動画形式のせいもあるけど。でも、もうどの動画プレイヤーも使うことはないだろう。

「スターバックス ディスカバリーズ」リニューアル

Macのバックアップツール「Time Machine」のすごいところ

新しいMacBook Proを使い始めて、もう1ヶ月経ちますが、ふとTime Machineってスゴいなぁと思ってしまった。

手書きメモもスマートフォンで管理できるメモ帳とアプリ

普段、自分はメモや考えていることをスマートフォンのEvernoteでカキカキしているんですが、実際誰かと話し合いながらメモやイラストを書くとなると、メモ帳に手書きするしかないんですよね。そこで最近知ったのが「ショットノート」という存在。

そういえば、Macbook Pro 13インチ買いました

一応報告しておかなければね。このブログもMacbook Proで投稿しています。いやーパワフル!Power Mac G5から一気にMacbook Proに飛んできたからそりゃもう。

必要なものだけのブラウザ『Camino』

ゲームや映画のために大画面のLED REGZA 42Z1を買ったよ

もう火がついてしまった!ずーっと欲しかった大型の液晶テレビを買っちゃおうと思う。もう地上デジタルに完全移行まで時間もないし、どうせあと数ヶ月したら買うわけだし。ってことでLED REGZA 42Z1を買うことにした。

遂に届いたLED REGZA 42Z1は想像を遥かに上回る大迫力

Amazonで購入したので、配達状況を常に確認していたのですが、届くのはたぶん明日だろうなぁって思ったら、今朝届きました!義理の妹が遊びに来ていたけど、お構いなしに早速設置してみました。

ブログ記事をローカルから投稿できる『ecto』

気になるMac OS X『Leopard』の全貌が明らかに!