記憶をマイクロチップに保存する技術を開発中!記憶のバックアップが可能になる

2013年9月12日 19:00

脳の容量って4TBだったかな?その4TBさえも使い切れていない気がしますが、何事もバックアップは必要ですよね。人間の脳でもバックアップできるようになるかもしれませんよ。

脳にマイクロチップを埋め込む

アメリカの研究グループが、損傷によって失われた記憶を補うためのマイクロチップの開発を行なっています。

skitched-20130912-173354.jpg

Scientists hope to implant microchips that generate memories in human brains in the next 2 yearsによると、

They believe that they have worked out how memories are made, enabling the production of an implant that could aid people with localized brain injuries, stroke victims and, ultimately, Alzheimer’s.

このマイクロチップを2年後には実際に人間の脳に埋め込むことを目標としているようです。

この技術によって、脳損傷患者やアルツハイマー病患者などを助けることができると考えているようです。

マイクロチップに保存されている記憶を、人間の記憶として利用できることを目指しているようです。

記憶のバックアップが可能になる

まずは、脳にマイクロチップを埋め込み、脳が発する電気信号の受信と保存を試みるということだと思います。

これで脳に保存されている大事な思い出をバックアップできますね。

ですが、それを脳に送信して、脳が受け取れなければ意味が無いわけです。

脳へ送信する技術

As reported by CNN, the researchers have already experimented on rat and monkey brains, proving that brain messages can be replicated by electrical signals from a silicon chip.

サルやラットなどの脳にシリコンチップを埋め込み、脳へ電気信号を送ると、脳がその信号を受け取れることが証明されているとしています。

それが人間でもできるかというと、やってみなきゃわからんということになりますが、どんな感じなんでしょうね。

この技術が与える未来

この技術が完成し、実際に一般人に使われるような社会の実現には、自分たちが生きている間には難しいとは思いますが、実現すれば、様々なことが起こるでしょうね。

殺人の犯人がすぐ捕まる。

被害者の脳に埋まっているマイクロチップを取り出し、記憶を再生すれば、犯人なんてすぐ特定できますね。

もちろん研究グループが言うように、脳の記憶部分に障害を負ってしまった人の治療的役割や、それ以上にすごいのが学習目的に使うこと。

勉強しなくても、学習した記憶をチップに保存し、それを別の誰かに保存したら、宿題のコピーどころか、学習経験のコピーが可能ってことかい?

使い方次第ですね、何事も。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

誰かに頼み事をする時は左耳より右耳の方が効果がある

イタリアで行なわれた実験による結果だそうだ。 ここ最近よく耳にする脳科学の実験だそうだ。この実験結果、すごいネタだと思わない?

やる気スイッチをONにする研究。超音波を脳に当てると意欲的に

やる気を出さなきゃ行けない時に限ってやる気がでないんですよね。いつでもやる気が出せるようになればいいんですが…。ってことで無理やりやる気を出させる研究に良い結果が出たようです。

カフェイン200mgで記憶力が向上する!ドリップコーヒー1杯ちょっとで長期記憶が定着しやすくなる

コーヒーを何杯飲むと体に良いとか悪いとかいいますが、今回紹介するレポートには、ドリップコーヒーを1杯とちょっと飲むと長期記憶が定着しやすくなるよ!ってものです。

やる気スイッチはどこにある?ついに正確な場所が判明した

CMとかでは後頭部や背中にやる気スイッチがあったりするが、本当の話、どこにやる気スイッチがあるかは今まで分かっていなかった。それが研究で遂にスイッチが発見された。

記憶を無理やり呼び起こすことに実験に成功!記憶喪失治療の最初の一歩!?

うっかり忘れてた…って事ができなくなる時代がやってきそうです。今回、強制的に記憶を呼び起こす実験が成功したらしく、その技術の可能性を考えてみました。

脳で操作するニューラルインタフェースの未来はすごい

もうキーボードやマウスがいらない時代になっていくかもしれない。ディスプレイさえいらなくなるかもしれない。

辛い記憶を消すことができる魔法のような飲み薬を開発

だれにでも辛い記憶はあるはず。急に辛い記憶が蘇って、悲しくなることだってあるはずだ。そんな辛い記憶を消すことができたら・・・って思ったことはありませんか?そんなことが可能な薬ができてしまいました!

脳をスキャンして今見ている文字の解読に成功!将来的には想像しているものも…!?

実際に人が見ている文字を、脳をスキャンすることで、何を見ているのかを解読するという実験に成功したという。