情報収集が一画面でできる『iGoogle』

2007年5月6日 8:24

最初の記事ということで、有名なものを紹介していきます。

Googleをあなた専用にカスタマイズすることを知っているだろうか。グーグル、「Personalized Home Page」の名称を変更へという記事。

ニュースやブログ、そして「ガジェット」を使ってカスタム化したポータルを作成することが可能となる。ガジェットは、インタラクティブな情報モジュールで、天気や日時のチェックに使え、これまで2万5000以上が作成されている。

今まではニュースを読むのにYahoo!トピックスを開いたり、ブログ記事を読む為にRSSリーダーを開いたり、天気をチェックする為にまたYahoo!を開いたり・・・『iGoogle』ならひとつの画面で全てをチェックできるんです。

あなた専用なので読みたいニュース、たとえば朝日新聞のasahi.comの記事や夕刊フジを『iGoogle』に設置すれば、今後『iGoogle』で閲覧することができるんです。
RSSリーダーのように使うこともできるので、好きなブログフィードを『iGoogle』で読むことができるようになる。

igoogle.jpg

これが自分のiGoogleです。
普段はニュースしか設置してないんですが、ちょっと天気予報のガジェットと電卓がジェットを加えてみました。

自分の為のページってのが最高です。使い易いように自分で調整できるのは便利ですね。

映像でも『iGoogle』について説明していますが、結構カスタマイズの自由度が高いことが分かると思います。

自分の気になるニュースしかないので、仕事しないでずっと読んでたり・・・それくらいすばらしい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

地上からの風景を表示『Google Maps Street View』

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

携帯でも観覧が可能になる『Googleカレンダー』

グルーポンと競合するであろうGoogle offersはどんなサービスになるだろうか

つい最近、Googleはクーポンサイトで有名なGroupon(グルーポン)を買収しようとしていたが、結局それは失敗に終わり、Googleは独自のクーポンサービスを提供しようとしている。最近いろいろ話題のグルーポンだが、Googleらしくやってもらいたいものだ。そこで、どんなサービスになるか予想してみる。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。