また一歩ホログラムディスプレイが現実に近づいた!16個のウェブカメラで撮影して立体投影

2010年11月5日 17:50

ホログラム映像はSF映画などで、遠くにいるはずの話し相手が、まるで目の前にいるかのように話しているシーンを観た事があると思う。このホログラム技術がもう数年後には実現しちゃうかもしれない。

ホログラムって?

SF映画でこういうの観たこと無い?スターウォーズではホログラムのレイア姫が助けを求めたり、シュワちゃんの6デイズという映画では、キレイなホログラムの女性が家で誘惑してくるシーンがあったり。

実現したら・・・最高だよね!特に後者。

だが、これは事前に作られた3Dグラフィックを表示しているに過ぎない。

リアルタイムでホログラム映像を転送

最近ではiPhoneがFaceTimeというビデオ通話が提供され、SkypeやGoogle Talkなどビデオチャットなども最近では当たり前のサービスになりつつあるが、近い未来、話している相手がまるで目の前に居るかのように話す時代がやってくる。

「リアルタイムのホログラム動画表示」に成功したという記事によると、

映画『スターウォーズ』では、レイア姫が「オビワン・ケノビ、助けてください」というホロ・メッセージを送信したが、このほど、3D動画をほぼリアルタイムである地点から別の地点へと転送できる最新のホログラフィック・ディスプレイ技術が登場した。

SF映画の技術がもうすぐそこまで来ている。

16個のウェブカメラで撮影

撮った映像をすぐにホログラムにして投影するには、本職の人に言わせたらとんでもない技術ということだ。

日常観ているテレビってのはだいたい1秒間に30枚の画像を順番に再生するスライドショーを観ているのと同じだ。

ホログラムでも同じ事をやろうとすると、1つの視点で撮影した30枚の画像だけでは足りない。

複数の視点で撮影した画像が必要になる。

今回ニュースになったホログラム技術では16の視点から被写体を撮影しているが、増やせばそれだけ精度があがるということだ。

映像をレーザーに変換してプラスチックに投影

撮影した映像を特殊なレーザーに変換して、開発された新技術のプラスチックに向けてレーザーを照射すると、そこにホログラムが現れる。

残念ながらこのホログラムは今のテレビのように1秒間に30回画像を更新することができないので、滑らかな動きにはならないが、それでも2秒に1回更新するため、動いているようには見えるそうだ。

なーんだと思うかもしれないが、2年前は4分に1回しか更新できなかった。

4分が2秒になっただけでもすごくないか?

1秒間に30回更新なんて・・・大変だろうけど実現はすぐだろうね。

広告のほとんどがホログラムに

そんな時代がやってくるだろうな。きれいなホログラムお姉さんが、「これ買ってね!」なんて問いかけてきたら・・・買うよね。。

最近じゃ人の顔を識別して、その人に合わせた広告を展開する技術だってあるわけだ。

その技術とホログラムが合わされば、とんでもない広告サービスが生まれるだろうな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

画面の中のキャラクターを触ることができるタッチパネルディスプレイ

ディスプレイが進化すると楽しい未来が待っていると以前言ったように、このタッチパネルディスプレイも面白いかも。もし、画面中のキャラクターを触ることが出来たらどうですか?

スマートフォンを落としても画面が割れなくなるRhino Shield!ハンマーで叩いても平気な画面保護フィルム

iPhoneのディスプレイが割れちゃってる友人と会いましたが、やっぱりちょっとした衝撃で割れてしまうようですね。ですが、そんな悲しい思いをする人が減るかもしれません。

3Dテレビの登場でカメラも3Dに

3Dテレビが登場しはじめたけど、3Dの媒体ってまだ映画くらいなんだよね。でもハイビジョン映像などが出たときも映画だけだったけど、今ではいろんなものがハイビジョンだよね。

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

文字が書ける電子ペーパーがついに登場!

もう紙がなくなる時代がすぐそこまで迫っている!この開発の速さでいけば、数年後には一人一枚電子ペーパーを持つかもね。

プリンターは紙に文字を印刷するだけない!自動車や血管を作れる3Dプリンター

最初意味が分からなかった。。3Dプリンターの存在は知っていたけど、自動車って・・・。でもなんかもう未来の技術が最近じゃ普通に知らないところで存在しているってのがすごいよね。

3D映像をジェスチャーで操作するiPoint 3D

今までジェスチャーで何かを操作したりするっていうのはあったけど、このiPoint 3Dは3D映像をジェスチャーで操作できるという。いったいどういう使い方するんだろうか。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている

人間が人間の身体の一部を発明するって不思議だよね。それと同時にこの高度な知識と技術がある時代でもまだ人間を完全に治す事ができないって、人間はどれだけ高度な技術で作られたのか。自然ってすごいよね。その人間が遂に永久人工心臓の移植に成功した。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。