TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

2011年8月17日 19:45

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

今、TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウは車の中での過ごし方を大幅に変えようとしています。

窓ガラスに絵を書く

冬になると窓ガラスが曇るんですよね。よくその曇った窓ガラスに指で絵を書いたりしましたよね。

窓に絵を描く

このマルチメディアウィンドウなら、曇ってなくても絵を欠けるんです。

窓ガラス全体がタッチパネルディスプレイになっていて、指で絵が書けるんです。

窓ガラスがいろいろ教えてくれる

まぁ絵が書けるくらいなら、今の時代それほど驚かないでしょう。

実はこの窓ガラスには他にもいろんな機能があります。

窓ガラスに写っている対象物までの距離を教えてくれたり、名前を教えてくれたりするんです。

昔、運転しているお父さんに、「アレ何?」「あれは?」「あれあれ…あれだよ!」って自分がどれを指して言っているのか分かってもらえず、結局アレが何だったのか。。って経験一度はあったはずです。

でも窓ガラスに映ったものは、窓ガラスが教えてくれます。

フロントガラスに取り入れたらきっと…

今回紹介しているマルチメディアウィンドウは後部座席の窓ガラスのみです。

おそらくフロントガラスに搭載した場合、まったく危険性がないとは言えないからでしょうね。

運転手にとっては気が散ってしょうがない。

だけど、この技術を利用すれば、カーナビゲーションの画像をフロントガラスに移すことだって可能ということです。

実際に走っている道に矢印が重なるように表示されたりするわけです。これで複雑な道も迷うことなく走ることが可能になるでしょう。

ほかにも、現在走っている道の制限速度などの標識をフロントガラスに表示することで、標識の見逃しがなくなるかもしれません。

夜中、暗い夜道でも、人が歩いていれば、人を赤線で囲って注意を促してくれるかもしれません。

考えられる未来はいっぱいです。この技術はぜひ実現してもらいたいものです。まだまだディスプレイが故障した場合の危険性などが考えられますが、きっとどうにかしてくれるでしょう!

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場

CESネタ続きで申し訳ないが、以前から注目していた技術が一気に製品化へ向けてプロトタイプが発表されたので、許して欲しい。今回はペラッペラのディスプレイです。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

文字が書ける電子ペーパーがついに登場!

もう紙がなくなる時代がすぐそこまで迫っている!この開発の速さでいけば、数年後には一人一枚電子ペーパーを持つかもね。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

絶対にパンクしないタイヤで走行する自動車!ちょっと柔らかめ

最近は、パンクしないタイヤの自転車とか売ってますからね、車もそろそろパンクしないタイヤが登場してもいい頃かと。市場にでてくるのはいつになるのか。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。