ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

2012年12月5日 7:01

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

ニューヨークって言ったらイエローキャブ

ニューヨークのタクシーって黄色くて分かりやすいよね。

どれも同じに見えるけど、このタクシーだけは他のイエローキャブとは行ける場所が違います。

未来に行けるタクシー

アートディレクターのMIKE LUBRANOさんが作った作品で、BACK TO THE FUTURE – 25TH ANNIVERSARY – mikelubrano.comに掲載されています。

映画「BACK TO THE FUTURE」の25周年を記念して作成したようですね。

見る限りでは、実際に車を改造したわけではなく、Photoshopで作られたグラフィクアートっぽいですね。

いや、そんなことはどうでもいいんです。

夢があっていいね!こういうアートは。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

なんでも調べることができる未来のツール!スタートレックのトリコーダーが遂に現実に

こういうSF映画やドラマが現実になると、すごい未来を感じるわけですが、あの宇宙を旅するスタートレックにでてくる未来のツールが完成しつつあります。

Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

絶対にパンクしないタイヤで走行する自動車!ちょっと柔らかめ

最近は、パンクしないタイヤの自転車とか売ってますからね、車もそろそろパンクしないタイヤが登場してもいい頃かと。市場にでてくるのはいつになるのか。

先に言いますが全部2Dでお送りしています!Anamorphic Illusions

目で見るだけじゃ世の中なんにもわからないものですよ。自分の目で見て、自分の手で触って。どこにいても世界中の動画が観れる世の中ですが、観れたところで本物かどうかはわからないものです。さて、今回はそんな気持ちにさせる動画を紹介します。

みんなが大好きなゲームのAngry Birdsが遂に映画化!?

iPhoneやAndroidでおなじみのゲーム、Angry Birds(アングリーバード)が映画化だって!?以前、完成度が異常に高い食べれるAngry Birdsを紹介したが、今回は・・・ちょっと細かい部分は違うけど、確かにAngry Birdsだな。

iPhoneを今にも飲み込もうとしている○○の動画

いやぁすごいわ。もうiPhone丸飲みされそうな勢いですよ。1/4はヤツの体内に取り込まれてますよ。。でもみんなiPhoneを救おうとはせず・・・

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

誰でもセクシーで魅力的な女優になることができる最新技術

CGや3Dといった映像技術は進化し続けている。このMovie Reshapeは映像に映っているどんな人々も、魅力的な俳優や女優にすることが可能な新しい技術だ。