HIVワクチンの臨床試験は順調に進行中!エイズ予防の技術開発は着実に前進している

2012年12月18日 22:47

不治の病とされてきたHIV感染によって引き起こされるエイズですが、HIVワクチンの開発は順調に進んでいるようです。既に人の身体を使った試験が行われいます。

過去に書いたHIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初という記事では、HIV感染に耐性がある変異遺伝子を幹細胞移植する方法を紹介した。

今回はワクチン。Sumagen Canada社が開発支援しているHIVワクチン、SAV001-Hの開発状況です。

HIVを無効化する技術

先日、白血病の治療法でHIVを使用するといった記事を書いた。

白血病をエイズウィルスを使って治療する方法!完璧ではないが有望な治療法

この記事内で、”無効化したHIV”と表記したように、HIVを無効化することは技術的にできなくはないようだ。専門家ではないので、いろんな記事を読んでの見解だが、HIVを無効化する技術の存在はわかった。

それと今回紹介するHIVワクチンの技術が同じとは言わないが、HIVを沈静化する技術が今の人間にはあるというわけだ。

HIVの遺伝子構造の組み換えとかだろうね、きっと。

それをワクチンとしてHIV患者に注射するわけだ。

HIV患者にHIVワクチンを筋肉注射

Human trials for HIV/AIDS vaccine making steady progressによると、

Sumagen announced today the patient enrollment has progressed smoothly and there have been no adverse effects observed including local reactions, signs/symptoms and laboratory toxicities after SAV001-H injection in all enrolled patients to date.

HIVワクチン(SAV001-H)を注射したHIV患者に副作用はないと発表。

これはまだ臨床試験の第一段階、フェーズ1と言われている。この後にフェーズ2、フェーズ3と臨床試験を重ねて実用化するわけだが、実際に人間の身体で試験を行なって副作用がなかったことはHIVワクチンの開発にとっては大きな一歩だと思う。

現段階では副作用はない

フェーズ1の段階では副作用がないが、長期的にみて何が起こるかはまだわからない。こればっかりは時間がかかるだろうね。

だがHIV感染を防ぐ技術の開発は順調に進んでいる。

HIV感染対策をみんながやればいいが、このHIVワクチンにも期待したい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

HIV治療で治療薬を大量投与!感染した新生児からHIVが消滅して完治した

ニューヨーク・タイムズ紙が凄いニュースを伝えた。なんと、エイズウィルス(HIV)に感染した新生児の完治を伝えたのだ!

口に入っても問題ない抗菌剤『ユーカリ抗菌剤』

人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている

人間が人間の身体の一部を発明するって不思議だよね。それと同時にこの高度な知識と技術がある時代でもまだ人間を完全に治す事ができないって、人間はどれだけ高度な技術で作られたのか。自然ってすごいよね。その人間が遂に永久人工心臓の移植に成功した。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

レーダー感知しない北朝鮮のステルス木製航空機とは

ステルス機能というと最新鋭の戦闘機に搭載されている凄い機能だと思っていたが、まさか北朝鮮がそんな凄い技術を持っているとは・・・。でも本当は凄い技術を持っているんじゃなくて、木製ってのがポイントなわけだ。

細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!

手術で針と糸は不要になる!?ナノ縫合がすごい!

今まで針と糸で縫合する必要がある傷は、縫合する時にも恐怖心と痛みがあったが、このナノ縫合は恐怖心だけでなく痛みさえなくなるという。

遺伝子の特定により近視の予防と治療の可能

目の悪い人には凄いニュースだ。近視の原因とされる遺伝子が特定されたそうだ。近視は遺伝ってことで決着したってことですね。しかも治療ができるっていうんだから、すごいニュースですよね。

体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。

辛い記憶を消すことができる魔法のような飲み薬を開発

だれにでも辛い記憶はあるはず。急に辛い記憶が蘇って、悲しくなることだってあるはずだ。そんな辛い記憶を消すことができたら・・・って思ったことはありませんか?そんなことが可能な薬ができてしまいました!