HIVワクチンの臨床試験は順調に進行中!エイズ予防の技術開発は着実に前進している

2012年12月18日 22:47

不治の病とされてきたHIV感染によって引き起こされるエイズですが、HIVワクチンの開発は順調に進んでいるようです。既に人の身体を使った試験が行われいます。

過去に書いたHIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初という記事では、HIV感染に耐性がある変異遺伝子を幹細胞移植する方法を紹介した。

今回はワクチン。Sumagen Canada社が開発支援しているHIVワクチン、SAV001-Hの開発状況です。

HIVを無効化する技術

先日、白血病の治療法でHIVを使用するといった記事を書いた。

白血病をエイズウィルスを使って治療する方法!完璧ではないが有望な治療法

この記事内で、”無効化したHIV”と表記したように、HIVを無効化することは技術的にできなくはないようだ。専門家ではないので、いろんな記事を読んでの見解だが、HIVを無効化する技術の存在はわかった。

それと今回紹介するHIVワクチンの技術が同じとは言わないが、HIVを沈静化する技術が今の人間にはあるというわけだ。

HIVの遺伝子構造の組み換えとかだろうね、きっと。

それをワクチンとしてHIV患者に注射するわけだ。

HIV患者にHIVワクチンを筋肉注射

Human trials for HIV/AIDS vaccine making steady progressによると、

Sumagen announced today the patient enrollment has progressed smoothly and there have been no adverse effects observed including local reactions, signs/symptoms and laboratory toxicities after SAV001-H injection in all enrolled patients to date.

HIVワクチン(SAV001-H)を注射したHIV患者に副作用はないと発表。

これはまだ臨床試験の第一段階、フェーズ1と言われている。この後にフェーズ2、フェーズ3と臨床試験を重ねて実用化するわけだが、実際に人間の身体で試験を行なって副作用がなかったことはHIVワクチンの開発にとっては大きな一歩だと思う。

現段階では副作用はない

フェーズ1の段階では副作用がないが、長期的にみて何が起こるかはまだわからない。こればっかりは時間がかかるだろうね。

だがHIV感染を防ぐ技術の開発は順調に進んでいる。

HIV感染対策をみんながやればいいが、このHIVワクチンにも期待したい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

虫歯などの治療に使う歯のばんそうこうを開発中

歯って痛くなったらどうしようもないんだよね。歯医者行くしかないし。何が嫌かって言うと・・・いろいろ痛いじゃん。。でも歯の治療も日々進化している。歯に使うばんそうこうが開発されているって知ってるかい?

痛みのない歯科治療を可能にする「プラズマジェット」

歯の治療っていうと、ドリルの音と痛み・・・。今後歯医者でキュイーーーーンっていうドリルの音を聞くことがなくなるかもしれない。

がん幹細胞のマーカー特定!がん治療の大きな一歩

京都大大学院消化器内科学の千葉勉教授らの研究グループが、がんの幹細胞だけに反応するマーカーを特定したと発表した。

細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!

やる気スイッチをONにする研究。超音波を脳に当てると意欲的に

やる気を出さなきゃ行けない時に限ってやる気がでないんですよね。いつでもやる気が出せるようになればいいんですが…。ってことで無理やりやる気を出させる研究に良い結果が出たようです。

レーダー感知しない北朝鮮のステルス木製航空機とは

ステルス機能というと最新鋭の戦闘機に搭載されている凄い機能だと思っていたが、まさか北朝鮮がそんな凄い技術を持っているとは・・・。でも本当は凄い技術を持っているんじゃなくて、木製ってのがポイントなわけだ。

遺伝子の特定により近視の予防と治療の可能

目の悪い人には凄いニュースだ。近視の原因とされる遺伝子が特定されたそうだ。近視は遺伝ってことで決着したってことですね。しかも治療ができるっていうんだから、すごいニュースですよね。

失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

HIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初

感染したら絶対治ることはない!と教えられてきたHIV感染症。今では感染しても通常の寿命を生きることが十分可能な時代にはなったとはいえ、感染させてしまう可能性があるという負の気持ちや、HIV感染者ということで避けられてしまう可能性だってある。そんなHIV感染に素晴らしい研究報告だ。