魚のように水中で呼吸ができる人工のエラ!酸素ボンベが必要なくなる時代は近い

2014年1月24日 20:35

魚のように自由に海を泳ぎたいと思ったことはありませんか?今の技術では重い酸素ボンベを背負い、複雑なダイビング機器を操る技術が必要です。近い将来、もっと簡単に海に潜ることができるようになるかもしれません。

海に潜るのって意外とハードルが高かったりするわけです。

魚のように海の中で呼吸ができればいいのですが…。

魚は水中に溶けた酸素を取り込んでいる

魚も実は人間と同じで酸素が必要な生物だ。でもどうやって呼吸しているのか。

答えは御存知の通り、水中に含まれている酸素をエラで抽出して体内に取り込んでいるわけです。

正確には、鰓(エラ)の毛細血管が水中の酸素を取り出すとかそんな感じだったはずですが。そこはさておき。

じゃあ、人間にもエラがあれば海の中で自由に呼吸ができるわけだ。

魚のように水中で呼吸できる人工の鰓(エラ)

今回紹介するのは、人間が水中で呼吸できる酸素呼吸器のコンセプト「TRITON」です。

既存の技術を結集したコンセプトなので、全く夢の様なものではありません。

20140124-1.jpg

It extracts oxygen under water through a filter in the form of fine threads with holes smaller than water molecules.

水分子を通さない非常に小さな穴に水を通すことで、酸素だけを取り出すことができるフィルタが搭載されているそうだ。

Using a very small but powerful micro compressor, it compresses oxygen and stores the extracted oxygen in storage tank.

強力で非常に小さなコンプレッサーを使用し、抽出された酸素は格納スペースに貯蔵されます。

この酸素呼吸器が実現すれば、重い酸素ボンベを背負うこともなく、これ一つで海に長い時間潜ることができるようになる。

まさに人工の鰓(エラ)と言える。

問題はバッテリー

だが、この酸素呼吸器はすぐには実現できない。

20140124-2.jpg

水から酸素を抽出する小さなコンプレッサーを動かすためには、バッテリーが必要になる。既存のバッテリーではここまでコンパクトにすることができない。

The micro battery is a next-generation technology with a size 30 times smaller than current battery that can quickly charge 1,000 times faster.

既存のバッテリーの30倍小さくする必要がある。よりコンパクトでより性能の良いバッテリーが開発されれば、このコンパクトな酸素呼吸器が実現できるかもしれない。

海がより身近なものになる

安全面で海深く潜るにはライセンスはあったほうがいいかもしれないが、この酸素呼吸器が実現し、量産化されて、だれでも手にすることができるようになれば、多くの人が新しい世界を覗くことができるようになる。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

水や自分の身体がインターフェイスになる!タッチセンサーの未来

デジタルデータを捜査するときって、それっぽいインターフェイスを用いる必要がある。触ってキーボードがあればキーボードを使う。でも未来はそうじゃない。なんでもデジタルインターフェイスになる

衛生的な蛇口のノブ!これで最後に泡を流す必要がなくなる

手を洗う時、石けんで泡だらけの状態で、手をすすぐ時に蛇口のノブをひねると、蛇口のノブが泡だらけになりますよね。最後に、ノブの部分に水をかけたりしますが、これを解決する画期的な蛇口を紹介します。

Never Wetという防水スプレーの驚異的な防水力!スマートフォンまでも防水にしちゃう

防水スプレーと聞くと、パラパラと降る雨をちょっと防ぐくらいでしょ?って思っていました、自分も。だがこのNever Wetは驚異的な防水力を誇るものです。

1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。

水が燃料のエンジン

これが本当だったら、すごいことです!エネルギー問題で頭を抱えていた各国の政府はいままでの悩みが何だったのかと思ってしまうだろうね。本当だったらね。

砂漠でも水に困らなくなる?空気中から飲料水を作り出す技術

砂漠などの水がない場所は、自ら水を持っていくしかない。その重さが人に疲労を与え人の水分を奪っていく。なんとも皮肉だ。だが、この装置さえあれば水に困ることはないかもしれない。

汚い水もこのストローなら飲める!災害時に役立つLifeStraw

人間、一番必要なのは水。防災バッグに数リットルの水を用意している人は多いが、もって数日。その後は給水車を待つしかない。もし給水車が来なかったら?

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。