ついにGoogle Driveが登場!DropboxとEvernoteを足して、さらに+αな感じ?

2012年4月25日 10:32

ついにGoogleからクラウドストレージサービスがリリースされましたね。その名もGoogle Drive。DropboxやSkyDriveなどがあるが、やはりそこはGoogle。魅力的なポイントがいっぱい!

Google Drive 1

Google Driveって何?

一言で言うとクラウドストレージサービス。で、クラウドストレージサービスって何?

あなたのパソコンの大事な写真やデータをGoogleに預けるサービスです。簡単に言うとね。

もしパソコンが壊れても、Google Driveなどのクラウドストレージサービスにデータを預けておけば、大事な写真やデータは無事ってわけです。

DropboxとEvernoteを足して、さらに+αな感じ

Google Driveの魅力はやっぱり検索機能。

OCR変換機能というEvernoteとかを使っている人はご存知の機能がついている。

書類をデジカメやスマホで撮影した写真。その写真に写っている文字を検索対象にすることができる、いわばアナログ文字からデジタル文字に変換する技術。

これによって、Google Drive上に保存された写真の中の文字列まで検索可能になるわけです。

それだけじゃない。知らない人が結構多いのがGoogle Gogglesというもの。

例えば「富士山」で検索すると、富士山の写真が検索結果として表示される。

Androidスマートフォンを持っているなら、アプリがあるのでダウンロードしてみると、どんなサービスなのかがわかるはずだ。

そのGoogle Gogglesの写真検索能力がそのままGoogle Driveに入っているから、写真を探すのも非常に簡単…なのかもしれない。

検索機能はなんとなくEvernoteっぽい。でもストレージサービスってことだからDropboxっぽいが、それらに高機能な検索機能を付け加えて使いやすくなった感じだ。

サードパーティに期待

Google Chromeのアプリストアには、既にGoogle Drive対応のサードパーティアプリが登場しているようです。

Google Drive対応Google Chromeアプリ

Google Drive上のドキュメントをFax送信したり、動画をGoogle Drive上で編集できるアプリなどがあるようです。

Google Chromeや、Gmailといった他環境との連携はDropboxやSkyDriveにはない。

そういう他の環境との連携の強さを、サードパーティアプリがGoogle Driveをより魅力的なサービスにしてくれそうだ。

これから実際に使ってみる

残念ながら、まだすぐには使えないみたいだ。自分の場合は、使える準備が整ったら通知するよ!って画面が表示された。

使える状態になったら、さっそく数週間使ってみて、どんな感じかをまたレビューすることにする。

楽しみだ、Google Drive

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へ

このブログでも何度か電子ペーパーは紹介してきたが、もうっていうか4月に市場投入されます。韓国LG Display社が欧州で発売する電子書籍端末に搭載されるそうだ。

スマートフォンを落としても画面が割れなくなるRhino Shield!ハンマーで叩いても平気な画面保護フィルム

iPhoneのディスプレイが割れちゃってる友人と会いましたが、やっぱりちょっとした衝撃で割れてしまうようですね。ですが、そんな悲しい思いをする人が減るかもしれません。

曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場

CESネタ続きで申し訳ないが、以前から注目していた技術が一気に製品化へ向けてプロトタイプが発表されたので、許して欲しい。今回はペラッペラのディスプレイです。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

Never Wetという防水スプレーの驚異的な防水力!スマートフォンまでも防水にしちゃう

防水スプレーと聞くと、パラパラと降る雨をちょっと防ぐくらいでしょ?って思っていました、自分も。だがこのNever Wetは驚異的な防水力を誇るものです。

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

手書きメモもスマートフォンで管理できるメモ帳とアプリ

普段、自分はメモや考えていることをスマートフォンのEvernoteでカキカキしているんですが、実際誰かと話し合いながらメモやイラストを書くとなると、メモ帳に手書きするしかないんですよね。そこで最近知ったのが「ショットノート」という存在。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。