SpaceX社のロケットGrasshopperが垂直離着陸に成功!ロケットの回収が容易になるかもしれない

2012年12月26日 20:44

宇宙船を打ち上げるためには、燃料をたくさん積んだロケットで打ち上げ、途中で切り離し、海に着水させたりする。その回収には時間とお金がかかる。

ロケットの回収は大変

宇宙船を打ち上げるロケットって、途中で切り離されてどうなるのかというと、海などに着水する。

もちろん、また使うので回収するのですが、それが大変なんです。

スペースシャトルを打ち上げる時に使用する固体燃料補助ロケットを回収する様子を撮影した動画をNASAが公開しているので、どれだけ大変かをまず御覧ください。

陸まで持ってくるのでもこれだけ大変なんです。この後に基地まで陸路で運ぶわけです。

これ、補助ロケットですからね。補助ロケットでこれだけ大変なんです。

キレイに着陸できるロケット

ってことで、ロケットも切り離されたら自ら基地に戻ってきたら費用も時間も大幅に節約できるわけです。

そのためには、ロケットは宇宙船を打ち上げるための離陸と、切り離されて基地にちゃんと着陸できる機能が必要なわけです。

今回紹介するSpaceX社のロケット「Grasshopper」はその離着陸のテストに成功しました。

離陸して、40メートルの高さで数秒間停止し、着陸します。

Grasshopper stands 10 stories tall and consists of a Falcon 9 rocket first stage, Merlin 1D engine, four steel landing legs with hydraulic dampers, and a steel support structure.

このロケットは、民間企業初のISSドッキングに成功した貨物宇宙船Dragonを打ち上げたFalcon 9ロケットを再利用して作られた。

自ら基地に帰ってくるロケット

まだ離着陸に成功したってだけですが、このロケットが数十キロメートル上空でポイッと切り離されて、基地にちゃーんと戻ってきたらすごくないですか?

SpaceX社Grasshopper

そんな事ができるようになるかもしれません。

動画をみて分かったと思いますが、発射台も無いんですよ。ってことは、広い土地さえあればロケットによる宇宙船の打ち上げが可能になるわけです。

そうなればコストを大幅に削減することができて、宇宙船の開発にコストを費やせて、開発スピードがもっと加速するかもしれませんね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。

成層圏からスカイダイビング!人類の偉大な記録映像を観よ

宇宙から地球にジャンプ!って感じの映像だ。高さに震えるって域を既に超えてる景色。美しさに吸い込まれるようにダイブしている。

スリムな宇宙服『BioSuit』

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

宇宙船Tycho Braheは夢の宇宙旅行を低価格で提供してくれるけど・・・

宇宙旅行が本格的に民間の会社で実現しようとしていますが、やっぱり普通の人にはとても払えない旅費が・・・。そこで登場したのがこの宇宙船Tycho Brahe。驚きの低価格で宇宙旅行を実現してくれるそうです。

実現すればたぶん世界最高級ホテル!窓の外は・・・宇宙!?

まだ計画段階みたいだけど、出来たら世界最高級のホテルになるだろうね。しかも7部屋しかないんだって。さらに外出ができません。は?そんなホテルがなぜ最高級になるのか。自分は・・・このホテルなら泊まってみたいです。

無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。

NASAが発表した生物の存在はいろんな想像と夢をみせてくれるがっかりしない存在

先日NASAが発表した地球外生命体に関する発表に関して、「がっかりした」とか記者会見後すぐに解散したなどいうけど、この発表がどれだけ夢のあることか。よーく考えてみると、実はすごい夢のある話だと思うし、実際教科書が書き換わるすごいことなんだけどなぁ。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。