TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

2013年1月10日 15:00

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

去年の春頃、Googleカーについて、Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性という記事を書いた。

まだまだ自動操縦なんて遠い未来の話だろうと思っていただけに、Googleカーの開発スピードのはやさにワクワクしていました。

そんな自律走行車両の開発にTOYOTAが乗り出したとなると、一気に自動操縦の車を手にする未来が近くなったような気がします。

レクサスを自律走行車両に改造

Googleカーはプリウスでしたが、TOYOTAはレクサスLSですよ。

1,000万円はする高級車ですよ!

Toyota AASRV

頭に付いてるのは、センサーですね。車両の周辺にある物体を検知するレーダーですね。クルクル回るんです。Googleカーにもついてますね。

正面にくっついてるのはカメラやセンサーで、信号機を検知するそうですよ。赤になったらちゃんと停まるってことです。

安全技術の向上のため

TOYOTAがこの自律走行車両の試作車を開発している理由は、Googleカーとは違うだろうね。

最近は、スバルのアイサイトとか、TOYOTA社にも一応車間距離を保つ機能はありますが、人の判断ミスによる事故を減らす機能がどんどん開発されています。

自律走行車両と安全機能は近いものがあります。

自動で車自身がすべて運転してもいいんだろうけど、それじゃあ運転の楽しさがなくなるし、ちょっとねぇ…。

ってことで、運転している人間の補助をする、飛行機の副操縦士的な役割を車自身にさせようとしているんだと思う。

走行している姿

以前、5秒だけしか走行動画がなかったのですが、1分以上もの長い動画を見つけたので紹介します。

意外とスピードでてる。街での走行はまだ先でしょうね。

自律走行車両の開発スピードアップ

TOYOTA、Googleの両者が開発する自律走行車両の未来に期待したい。

大企業2社が開発を進めているとなると、国も、車と道路の連携といった整備もどんどん進めていくだろうね。日本はどうか分からないけど、米国はそういうのをどんどん推進していきそうな気がする。

とはいっても数年後には日本でもTOYOTA AASRVが街なかで試験走行する姿が見れるだろうね。

そうであってほしい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

直感で使えるアクセス解析『Google Analytics』

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

携帯でも観覧が可能になる『Googleカレンダー』

グルーポンと競合するであろうGoogle offersはどんなサービスになるだろうか

つい最近、Googleはクーポンサイトで有名なGroupon(グルーポン)を買収しようとしていたが、結局それは失敗に終わり、Googleは独自のクーポンサービスを提供しようとしている。最近いろいろ話題のグルーポンだが、Googleらしくやってもらいたいものだ。そこで、どんなサービスになるか予想してみる。

『Google Analytics』が正式版へ

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

必要なものだけのブラウザ『Camino』