TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

2013年1月10日 15:00

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

去年の春頃、Googleカーについて、Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性という記事を書いた。

まだまだ自動操縦なんて遠い未来の話だろうと思っていただけに、Googleカーの開発スピードのはやさにワクワクしていました。

そんな自律走行車両の開発にTOYOTAが乗り出したとなると、一気に自動操縦の車を手にする未来が近くなったような気がします。

レクサスを自律走行車両に改造

Googleカーはプリウスでしたが、TOYOTAはレクサスLSですよ。

1,000万円はする高級車ですよ!

Toyota AASRV

頭に付いてるのは、センサーですね。車両の周辺にある物体を検知するレーダーですね。クルクル回るんです。Googleカーにもついてますね。

正面にくっついてるのはカメラやセンサーで、信号機を検知するそうですよ。赤になったらちゃんと停まるってことです。

安全技術の向上のため

TOYOTAがこの自律走行車両の試作車を開発している理由は、Googleカーとは違うだろうね。

最近は、スバルのアイサイトとか、TOYOTA社にも一応車間距離を保つ機能はありますが、人の判断ミスによる事故を減らす機能がどんどん開発されています。

自律走行車両と安全機能は近いものがあります。

自動で車自身がすべて運転してもいいんだろうけど、それじゃあ運転の楽しさがなくなるし、ちょっとねぇ…。

ってことで、運転している人間の補助をする、飛行機の副操縦士的な役割を車自身にさせようとしているんだと思う。

走行している姿

以前、5秒だけしか走行動画がなかったのですが、1分以上もの長い動画を見つけたので紹介します。

意外とスピードでてる。街での走行はまだ先でしょうね。

自律走行車両の開発スピードアップ

TOYOTA、Googleの両者が開発する自律走行車両の未来に期待したい。

大企業2社が開発を進めているとなると、国も、車と道路の連携といった整備もどんどん進めていくだろうね。日本はどうか分からないけど、米国はそういうのをどんどん推進していきそうな気がする。

とはいっても数年後には日本でもTOYOTA AASRVが街なかで試験走行する姿が見れるだろうね。

そうであってほしい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

3億円するLykan Hypersportがカッコ良すぎる!W Motorsが開発したスーパーカー

ランボルギーニ、フェラーリは1億円くらいしますが、ブガッティは車によっては2億円くらいします。ですが、これらの高級車を上回る超高級車が登場しました。

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

必要なものだけのブラウザ『Camino』

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』