スマートフォンを落としても画面が割れなくなるRhino Shield!ハンマーで叩いても平気な画面保護フィルム

2013年9月24日 16:47

iPhoneのディスプレイが割れちゃってる友人と会いましたが、やっぱりちょっとした衝撃で割れてしまうようですね。ですが、そんな悲しい思いをする人が減るかもしれません。

どのくらいの衝撃で割れてしまうのか

スマートフォンのディスプレイって、いったいどのくらいの衝撃で割れてしまうものなのか。

さまざまなスマートフォン、もちろんiPhoneにも使用されているディスプレイのガラス「gorilla glass 2」に、255gの鋼球を9cmの高さから落とす実験映像があります。

左が保護フィルム貼ってない状態。右はRhino Shield(ライノシールド)を貼った状態。

ちなみに、市販の保護フィルムを貼った状態での実験では、

gorilla glass 2にはキズ…というか…割れてます。。

255gというと、スマートフォンよりちょっと重いくらいのものですから、意外と簡単に割れてしまうことがわかります。

どのくらいの衝撃に耐えられるのか

今度はgorilla glass 2に画面保護フィルム「Rhino Shield」を貼り付けて、255gの鋼球を、なんと50cmもの高さから落としています。

これだけの衝撃でも割れることがないとは。

最強の保護フィルムRhino Shield(ライノシールド)とは

このRhino Shield(ライノシールド)は、英国ケンブリッジ大学のEvolutive Labsが作ったもので、Kickstarterでの開発資金集めに成功した製品です。

Evolutive Labsのサイトから購入は可能なようですが、日本に送れるかはわかりません。

ちなみに、20ユーロ、2,600円前後といったところでしょうか。

追記!日本でもAmazonで買えるようです!しかも、iPhoneだけじゃないよ。Xperia、GalaxyやNexusとかAndroid端末用もの売ってるわ。

なんで割れないのか

この説明によると、

Rhino Shield is a patent pending and custom formulated polymer created by our team. This polymer offers extraordinary impact absorption and excellent transparency. Rhino Shield is designed to be used in conjunction with any smart device case, or on its own.

特許出願中の特殊なポリマーによって作られているそうです。

rhino-shield-1.jpg

ハンマーでぶっ叩いても割れないって言うくらいですし、さらに特許出願中ってくらいですから、今までにはない技術なわけで、理解することも知ることも出来ません。

衝撃に強いだけじゃない

このRhino Shield、ただ衝撃に強いだけでなく、しっかりとディスプレイの映像や文字が見えるように、透明性も維持されている、すごいものなんですね。

Rhino Shield

さらに、引っ掻き傷にも強く、厚さは0.29mmと、一般的な保護フィルムより0.1mm厚いくらいです。

スマートフォンに最初から貼っておいて欲しい

ってか、スマートフォンの製造メーカーも、何であんな割れやすい端末を作るかね。

スマートフォン製造メーカーが、最初からこのフィルムを貼って、割れにくいスマートフォンとして出荷してくれればいい話なんですけど。

もしかしたら、数年後、本当にそうなってしまうかもね。

さらに数年後には、落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へで紹介したように、電子ペーパーが当たり前なになるかもしれませんね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

紙のように曲げることができる有機ELディスプレイの未来を考える

最近、ペラッペラのディスプレイをソニーが開発したってニュースがあったけど、これが実際にどうやって私たちの生活に入り込んでくるかを考えてみる。

進化し続けるディスプレイ技術の未来を観ることができる動画

最近すごい勢いで進化しているディスプレイ。こうなったらいいなぁって思っていることが数年後には実現されているかもしれない。ディスプレイが進化するとどんな未来が待っているのかを考えた動画を見つけました。

手書きメモもスマートフォンで管理できるメモ帳とアプリ

普段、自分はメモや考えていることをスマートフォンのEvernoteでカキカキしているんですが、実際誰かと話し合いながらメモやイラストを書くとなると、メモ帳に手書きするしかないんですよね。そこで最近知ったのが「ショットノート」という存在。

popSLATEというスマートフォンケースが画期的!スマートフォンにディスプレイをもう一つ

スマートフォン専用ケースの背面って無地のものが多いですよね。popSLATEはそんな無駄なスペースに自分好みの写真を表示したりできるディスプレイを備えています。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

また一歩ホログラムディスプレイが現実に近づいた!16個のウェブカメラで撮影して立体投影

ホログラム映像はSF映画などで、遠くにいるはずの話し相手が、まるで目の前にいるかのように話しているシーンを観た事があると思う。このホログラム技術がもう数年後には実現しちゃうかもしれない。

曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場

CESネタ続きで申し訳ないが、以前から注目していた技術が一気に製品化へ向けてプロトタイプが発表されたので、許して欲しい。今回はペラッペラのディスプレイです。

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。