ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

2014年1月14日 15:17

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

パンクしないタイヤが今までなかったわけではない。以前、絶対にパンクしないタイヤで走行する自動車!ちょっと柔らかめという記事でも紹介しましたが、軍用車向けでした。

今回、ブリヂストンが発表したのは、乗用車で利用するためのパンクしないタイヤですね。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ

これが世の中に浸透して、初めてパンクしないタイヤが遂に登場となるわけですが…。

まだ乗用車の重さには耐えられない

「パンクしないタイヤ」実用化に現実味 ブリヂストン、2020年目標にによると、

耐えられる車両重量は、11年に発表した第1世代に比べ4倍増の410キロ、最高速度は10倍増の時速60キロまで向上した。

車体の重さや速度を見ても、現段階ではまだまだといったところです。

下の動画は2011年に第一世代を発表した時のものです。

開発に着手したのが2008年。第一世代発表が2011年、それから2〜3年でここまで仕上がってきたことを考えると、6年後の2020年には間に合うかもしれないですね。

パンクによる事故の減少

パンクによる事故がどのくらい起きているのか調べようとしたのですが、ちょっと簡単にはデータを入手できなかったので、諦めました。

ですが、間違いなくバーストやパンクによる事故は起こっているわけで、その事故に巻き込まれてしまう方もいるわけです。

このパンクしないタイヤが原因の事故が全く起きないとは言いませんが、少なくとも今まで起こっていたバーストやパンクによる事故の可能性が減るだけでも素晴らしい技術かと。

ぜひ、未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプトという記事も読んで欲しい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

空気で走る車『The Air Car』

街灯で電気自動車を充電?充電ステーションを一気に普及させる画期的なプロジェクト

電気自動車用の充電ステーションはまだまだ少ない。そのため遠出はまだまだ心配。だから電気自動車に手を出すことが出来ない人だっているはず。そんな問題が一気に解決されるかもしれない。

落下によるスマートフォンやタブレットの故障を防ぐエアバッグ!Amazonが特許を取得

携帯電話やスマートフォンって、つい手が滑って落としたり、ポケットからポロリと落ちて、液晶が割れてしまったりするわけですが、そんなことが無くなるのかな?

絶対にパンクしないタイヤで走行する自動車!ちょっと柔らかめ

最近は、パンクしないタイヤの自転車とか売ってますからね、車もそろそろパンクしないタイヤが登場してもいい頃かと。市場にでてくるのはいつになるのか。

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

3億円するLykan Hypersportがカッコ良すぎる!W Motorsが開発したスーパーカー

ランボルギーニ、フェラーリは1億円くらいしますが、ブガッティは車によっては2億円くらいします。ですが、これらの高級車を上回る超高級車が登場しました。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。