ブリヂストンのパンクしないタイヤ!2020年の実用化を目指す

2014年1月14日 15:17

車本体は劇的な進化をしてきたが、タイヤは性能のみで大きな変革は起きなかった。ですが、2020年にタイヤが大きく変わるかもしれない。

パンクしないタイヤが今までなかったわけではない。以前、絶対にパンクしないタイヤで走行する自動車!ちょっと柔らかめという記事でも紹介しましたが、軍用車向けでした。

今回、ブリヂストンが発表したのは、乗用車で利用するためのパンクしないタイヤですね。

ブリヂストンのパンクしないタイヤ

これが世の中に浸透して、初めてパンクしないタイヤが遂に登場となるわけですが…。

まだ乗用車の重さには耐えられない

「パンクしないタイヤ」実用化に現実味 ブリヂストン、2020年目標にによると、

耐えられる車両重量は、11年に発表した第1世代に比べ4倍増の410キロ、最高速度は10倍増の時速60キロまで向上した。

車体の重さや速度を見ても、現段階ではまだまだといったところです。

下の動画は2011年に第一世代を発表した時のものです。

開発に着手したのが2008年。第一世代発表が2011年、それから2〜3年でここまで仕上がってきたことを考えると、6年後の2020年には間に合うかもしれないですね。

パンクによる事故の減少

パンクによる事故がどのくらい起きているのか調べようとしたのですが、ちょっと簡単にはデータを入手できなかったので、諦めました。

ですが、間違いなくバーストやパンクによる事故は起こっているわけで、その事故に巻き込まれてしまう方もいるわけです。

このパンクしないタイヤが原因の事故が全く起きないとは言いませんが、少なくとも今まで起こっていたバーストやパンクによる事故の可能性が減るだけでも素晴らしい技術かと。

ぜひ、未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプトという記事も読んで欲しい。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

死角になって見えないところもスケスケ!新しいタイプのバックモニター

車庫入れの際に後ろに何があるのか見える範囲であれば問題ないのですが、低い位置にあるものは見えなくてぶつける可能性もあります。このバックモニターはそれらの問題を解消します。

空気で走る車『The Air Car』

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

街灯がなくてもしっかりと見える光る車線!蓄光塗料で描かれた安全でカッコイイ道路

都内を夜ドライブするのは楽しいけど、地方は真っ暗闇で道路が車線が見づらくて正直恐さ。でもオランダにあるスマート・ハイウェーと言われる高速道路はそんな恐さがない。むしろカッコよくて走っていて楽しいかもしれない。

車のフロントガラスに道順を投影するカーナビが遂に市場に登場!GarminのHead-Up Display

近々登場するだろうと思われていたフロントガラスに道順などを投影するカーナビが、遂に市場に登場した。投影される情報はシンプルで、まだ想像しているようなものではないが…。