自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

2014年3月30日 7:00

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

これ、ずーっと記事にしようとしていたんですが、時間がなくてなかなか記事にできなくてね。

4年ほど前にスマートフォンもPCのように自作する時代がやってくる!という記事を書いたんですが、未だに読んでくれている人がいます。

そのうちスマートフォンもパソコンのように自作できる時代がやってくるだろうなぁという考えのもとに書いたのですが、やっと現実になりました。

LEGOブロックのように自由に組み立てられる

今回紹介するのはProject AraというGoogle傘下のATAPが主導しているプロジェクト。

元はオランダのデザイナーDave Hakkens 氏が発表したモジュール式携帯のアイデアPhonebloksが始まりです。

Google、モジュール式携帯Project Araを2015年発売。最小構成50ドルからお好みで組み合わせ – Engadget Japanese

Project AraのもとになったPhonebloksとはどういうものなのかというと、LEGOブロックのように自由に組み立てることができるコンセプトスマートフォンです。

もう、このPhonebloksでも充分楽しそうなんですが、今回紹介するProject AraはこのPhonebloksを現実に近いものにしようとしています。

Project Ara

これがProject Araのモジュールケースのようです。多分ケースはいろんなタイプがあるんだと思う。

大容量バッテリーやカメラなど

自分のスマートフォンで「こうだったらいいのになぁ…」ってところ、いっぱいあるでしょ?

自分の場合、デジタル一眼レフを持ち歩いているので、カメラはいらないから、その分大容量のバッテリーと処理速度が速ければなぁ…といった具合に。

PhonebloksやProject Araのように組み合わせが自由なスマートフォンが当たり前になれば、NikonやCanonといったカメラでは有名なメーカーがカメラモジュールを開発したりするかもしれない。

バッテリーの専門メーカーが大容量バッテリーモジュールを開発するかもしれない。

ディスプレイや見た目も自由に選ぶことができれば、必要のない機能にお金を払う必要もないし、機能を使い切れないということもなくなるだろう。

2015年に発売!

Project Ara

さすがはGoogle。このProject Araを2015年に発売しますよ!と言っているそうです。

最小スペックで50ドルだそうで、組み合わせ次第では面白いものが出来そうです。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

携帯でも観覧が可能になる『Googleカレンダー』

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

紙の名刺はもう必要ない?みんなが使っている電子名刺vCardで十分

自分の名刺も、頂いた名刺も正直保管や持ち運びが大変。探すのだって一苦労だし、正直、最近名刺を見て連絡することなんて無い。もう紙の名刺はいらないんじゃないか?

必要なものだけのブラウザ『Camino』

遠隔操作、時間、方向や温度でON/OFFできる超高機能な電池Batthead!充電して再利用も可能

電池と聞くと、電力を供給するだけの”単純”なイメージがあるが、Battheadは、その電池のイメージを払拭するくらい大幅にグレードアップして、”高機能”で”高性能”な電池が誕生しそうです。

グルーポンと競合するであろうGoogle offersはどんなサービスになるだろうか

つい最近、Googleはクーポンサイトで有名なGroupon(グルーポン)を買収しようとしていたが、結局それは失敗に終わり、Googleは独自のクーポンサービスを提供しようとしている。最近いろいろ話題のグルーポンだが、Googleらしくやってもらいたいものだ。そこで、どんなサービスになるか予想してみる。

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

Google、Twitterなどの世界中の人々が使うサービスを支える日本人ハッカー

毎日一回は使っているだろう様々なインターネットサービス。それらのサービスは世界の中から選ばれた優秀な人たちが作っているわけだが、そんな優秀な人たちだって気がつかない問題もある。それらの問題を指摘して話題になっている日本人ハッカーがいる。

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』