3Dテレビの登場でカメラも3Dに

2010年5月29日 0:55

3Dテレビが登場しはじめたけど、3Dの媒体ってまだ映画くらいなんだよね。でもハイビジョン映像などが出たときも映画だけだったけど、今ではいろんなものがハイビジョンだよね。

アバターで3Dのスゴさを体験した人は多いはず。最初は酔うくらいリアルでビックリしたのを今でも覚えている。

最初のシーンなんてフワーっとするんだよね。

火星探査機に3Dカメラ

アバターを撮るためにジェームズ・キャメロン監督が独自にカメラを開発したことは有名で、NASAの火星探査機に搭載するカメラもジェームズ・キャメロン氏が開発を手がけることがニュースになったくらいだ。

記録を残すには確かに3Dの方がいろいろと都合がいいのかもしれない。2Dだと分からないものが3Dだと目の前に物が存在するかのように調べることができるしね。

スゴい技術は必ず生活へ

なんでもスゴい技術は生活に入ってくるものだ。衛星などの搭載されている高解像度のカメラだって、まったく同じ性能じゃないけど今じゃ普通に携帯電話に搭載されている。

もちろん今の衛星のカメラはその上をいっているけどね。

GPSだって、スパイしか使わないと思っていたら、今じゃ普通に携帯に入ってるしね。

3Dカメラは市販されている

実は富士フィルムから3Dカメラが発売されています。レンズが2つ付いていて、同時に撮影することで人間の目と同じように立体的な画像を撮ることができるわけだ。

3Dテレビの技術が向上すれば、必然的に3Dカメラの技術が向上し、市販カメラ、そして携帯電話に普通に搭載されるようになると思う。

子供「うわぁ2Dなんて懐かしい」

って言われる時代がやってくる。自分たちは白黒写真を見ると、「白黒写真って戦前ですかぁ」って親に言う時があるけど、自分の子供に今の写真を見せたら「2D写真って環境破壊時代ですかぁ」って言われるかもね。

環境破壊時代って言われるかどうかは分からないけど。。

でも、裸眼で3Dに見える技術が進化する必要があるね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

遂に届いたLED REGZA 42Z1は想像を遥かに上回る大迫力

Amazonで購入したので、配達状況を常に確認していたのですが、届くのはたぶん明日だろうなぁって思ったら、今朝届きました!義理の妹が遊びに来ていたけど、お構いなしに早速設置してみました。

新しく購入したテレビのお陰でライフスタイルが激変した

そろそろ書こうと思っていたTOSHIBA REGZA 42Z1の使用感レビュー。届いてから約1ヶ月、あれこれ使ってみて自分のライフスタイルが大きく変わったことに気がついた。テレビ一台買っただけで、ここまで得られるものがあるとは思わなかった。

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

プリンターは紙に文字を印刷するだけない!自動車や血管を作れる3Dプリンター

最初意味が分からなかった。。3Dプリンターの存在は知っていたけど、自動車って・・・。でもなんかもう未来の技術が最近じゃ普通に知らないところで存在しているってのがすごいよね。

Google TVが登場したらテレビ業界はどうなる?

ソニー、インテル、Googleが共同開発したGoogle TVだが、噂じゃAppleもテレビを・・・って噂があるけど、テレビを開発する必要はないと思うけど、どのテレビもネットにつなげることができるようになっていることを考えると、今のテレビ業界も今まで通りのやり方は通用しない。

拡張現実(AR)を使って腕時計を試着できるウェブサイトが登場!

思ったよりも早く登場した拡張現実を利用したネットショップのようなウェブサイトが登場した。腕時計メーカーTissotのウェブサイトで、腕時計が自分に似合うかどうかウェブカメラを通して試着することができる。

人工臓器を現代社会から守る技術

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

見えないはずの場所を映し出す!未来のカメラがほぼ完成

久々に驚いた技術だ。例えば、見通しの悪いT字路を撮影した一枚の写真。このT字路を曲がった先に何があるのか分かるはずがない。って普通の人は思う。でも今回紹介する未来のカメラで撮影した写真なら…。

スゴ過ぎても売れないこの時代のすごさ

パイオニアがテレビ開発から撤退する話はちょっと知っていたが、友だちからプラズマテレビのKUROの話を聞いてちょっと思ったことがある。

また一歩ホログラムディスプレイが現実に近づいた!16個のウェブカメラで撮影して立体投影

ホログラム映像はSF映画などで、遠くにいるはずの話し相手が、まるで目の前にいるかのように話しているシーンを観た事があると思う。このホログラム技術がもう数年後には実現しちゃうかもしれない。