読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

2010年12月26日 17:00

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

ネットで翻訳は当たり前

読めない文章をGoogleやExiteの翻訳サービスを使って意味を知るのは最近では当たり前になっています。

もし街中で読めない英語の看板と遭遇した場合どうしますか?

携帯電話やスマートフォンで、翻訳サービスにアクセスし、その見知らぬ言葉をチマチマ入力して意味を知る。

殆どの人がそうしているでしょう。

カメラを通せば、そこには読める文字がある

例えば、電車の電光掲示板。

瞬時に次の文章が流れていってしまうような文章・・・もし大事なことを意味する言葉だったら。。

でもそんな長文をいちいち携帯電話で調べてられない!!

そんな時はWord Lensを起動して、カメラのレンズを向ければいいんです!

Word LensというiPhoneのアプリは、カメラに映る文字を翻訳してくれるんです。

そのうちAndroidでもアプリ開発してくれるでしょう。。

リアルタイム映像編集技術

最近こういう技術がすごいスピードで進化しているんです。

例えば生放送の番組って、その場所に映ってはいけないものがあればカメラを向けることができないわけです。

でも最近では、リアルタイムにその映ってはいけないものだけを消す技術があるんです。

Word Lensを通せばそこは知ってる街

それにしても最初はこの動画を見たときは驚きました。

動画ではスペイン語を英語に翻訳しているけど、そのうち日本語だって翻訳してくれるでしょう。

スマートフォンのアプリとして動作しているけど、これがメガネとかになれば、メガネを通して言葉がわからなくても外国の街を安心して歩くことができますな。

リアルタイム翻訳機って夢のような技術だけど、今回は書かれている文字だが、十分それに近い技術だ。

近い未来、聞いた言葉さえリアルタイムに翻訳してくれるアプリとかまででてきそうだ。

もうリアルタイム翻訳は夢じゃないのかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

英語すら話せない自分が多言語を話せるようになる!未来の翻訳技術が完成しつつある

SF映画やアニメで、外国語を知らなくても喋ると自動的に外国語に翻訳されるアイテムがあったりする。その技術がほぼ完成に近づいている。

ブログ記事をローカルから投稿できる『ecto』

android OSをアップデートしてふと思ったスマートフォンの良いところ

androidの技術的なことじゃなくて、本当にふと思った事なんですが、おおざっぱに言うと普通の携帯ではこうはいかないなって思ったわけです。それに気がついたのが、今回Xperiaのandroid OSをアップデートした時だったわけです。

本気で演奏すればiPhoneの楽器アプリは意外と本格的

最近のスマートフォンはいろんなアプリケーションをインストールすることができます。その中には楽器アプリっていうのもあって、ピアノ、ドラムやギターなどあるけど、小さいからピアノ鍵盤なんて1オクターブ分くらいしかない。なにを演奏できるんだよ!って思ったけど間違いだった。

ファイルのアップロードはトラック野郎『Transmit 3』

遠隔操作、時間、方向や温度でON/OFFできる超高機能な電池Batthead!充電して再利用も可能

電池と聞くと、電力を供給するだけの”単純”なイメージがあるが、Battheadは、その電池のイメージを払拭するくらい大幅にグレードアップして、”高機能”で”高性能”な電池が誕生しそうです。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

popSLATEというスマートフォンケースが画期的!スマートフォンにディスプレイをもう一つ

スマートフォン専用ケースの背面って無地のものが多いですよね。popSLATEはそんな無駄なスペースに自分好みの写真を表示したりできるディスプレイを備えています。

Macのバックアップツール「Time Machine」のすごいところ

新しいMacBook Proを使い始めて、もう1ヶ月経ちますが、ふとTime Machineってスゴいなぁと思ってしまった。