読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

2010年12月26日 17:00

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

ネットで翻訳は当たり前

読めない文章をGoogleやExiteの翻訳サービスを使って意味を知るのは最近では当たり前になっています。

もし街中で読めない英語の看板と遭遇した場合どうしますか?

携帯電話やスマートフォンで、翻訳サービスにアクセスし、その見知らぬ言葉をチマチマ入力して意味を知る。

殆どの人がそうしているでしょう。

カメラを通せば、そこには読める文字がある

例えば、電車の電光掲示板。

瞬時に次の文章が流れていってしまうような文章・・・もし大事なことを意味する言葉だったら。。

でもそんな長文をいちいち携帯電話で調べてられない!!

そんな時はWord Lensを起動して、カメラのレンズを向ければいいんです!

Word LensというiPhoneのアプリは、カメラに映る文字を翻訳してくれるんです。

そのうちAndroidでもアプリ開発してくれるでしょう。。

リアルタイム映像編集技術

最近こういう技術がすごいスピードで進化しているんです。

例えば生放送の番組って、その場所に映ってはいけないものがあればカメラを向けることができないわけです。

でも最近では、リアルタイムにその映ってはいけないものだけを消す技術があるんです。

Word Lensを通せばそこは知ってる街

それにしても最初はこの動画を見たときは驚きました。

動画ではスペイン語を英語に翻訳しているけど、そのうち日本語だって翻訳してくれるでしょう。

スマートフォンのアプリとして動作しているけど、これがメガネとかになれば、メガネを通して言葉がわからなくても外国の街を安心して歩くことができますな。

リアルタイム翻訳機って夢のような技術だけど、今回は書かれている文字だが、十分それに近い技術だ。

近い未来、聞いた言葉さえリアルタイムに翻訳してくれるアプリとかまででてきそうだ。

もうリアルタイム翻訳は夢じゃないのかもしれない。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

英語すら話せない自分が多言語を話せるようになる!未来の翻訳技術が完成しつつある

SF映画やアニメで、外国語を知らなくても喋ると自動的に外国語に翻訳されるアイテムがあったりする。その技術がほぼ完成に近づいている。

手書きメモもスマートフォンで管理できるメモ帳とアプリ

普段、自分はメモや考えていることをスマートフォンのEvernoteでカキカキしているんですが、実際誰かと話し合いながらメモやイラストを書くとなると、メモ帳に手書きするしかないんですよね。そこで最近知ったのが「ショットノート」という存在。

カメラマンも一緒に写真に写れるカメラ!もう一人ぼっちじゃない

写真は撮るの好きだからバシバシみんなを撮影する。だけど、気がつくと過去の写真に自分が写っていない。そんなカメラマンにやさしいカメラを紹介します。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

Never Wetという防水スプレーの驚異的な防水力!スマートフォンまでも防水にしちゃう

防水スプレーと聞くと、パラパラと降る雨をちょっと防ぐくらいでしょ?って思っていました、自分も。だがこのNever Wetは驚異的な防水力を誇るものです。

曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場

CESネタ続きで申し訳ないが、以前から注目していた技術が一気に製品化へ向けてプロトタイプが発表されたので、許して欲しい。今回はペラッペラのディスプレイです。

スマートフォンを落としても画面が割れなくなるRhino Shield!ハンマーで叩いても平気な画面保護フィルム

iPhoneのディスプレイが割れちゃってる友人と会いましたが、やっぱりちょっとした衝撃で割れてしまうようですね。ですが、そんな悲しい思いをする人が減るかもしれません。

日常の反対の世界を撮影するために後頭部にカメラを取り付けてしまった教授

数年前に24時間頭にカメラを付けて自分のプライバシーを生中継していた人がいたが、この教授はすごすぎる。後ろにはまったく別の世界がある・・・その世界を見るためにここまでやってしまうとは。

スマートフォンもPCのように自作する時代がやってくる!

パソコンも最初はメーカーが作り上げた物しか買う事が出来なかったが、今では買ってきたパソコンをカスタムしたり、パーツなどを買って自分で組み立てることができる。スマートフォンでも自分にあったスペックにカスタマイズできる新しいサービスが登場した。