コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

2012年12月9日 10:24

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

Ghent大学が無線で情報を表示する曲面液晶ディスプレイを開発した。

コンタクトレンズにテキスト・メッセージを表示

非常に小さく、コンタクトレンズ全体が表示エリアであり、表示できるサイズは制限されるものの、しっかりと文字を表示することができる。

分かりやすく大きな$マークが表示しているんだと思うが、もっと小さい文字もきっと表示できるんだと思う。

それ以上に表示できるサイズが技術の進化とともに小さくなっていくわけですね、きっと。

5年以内に実用化

Text messages direct to your contact lens – Telegraphによると、

“This is not science fiction,” said Jelle De Smet, the chief researcher on the project, who believes commercial applications for the lenses will be available within five years.

このプロジェクトの主任研究員は、「これはサイエンス・フィクションではない。」と述べ、5年以内に商用利用されると考えているそうです。

読めるのかどうか

この技術は少し前から注目しているのですが、問題はコンタクトレンズに直接表示して実際に文字などの情報を読み取ることが出来るのかという点が気になる。

ピッタリとくっついたコンタクトレンズに情報を表示しても、焦点が合わないんじゃ…。

まぁ読めないようなものを作るはずがないが。。

最新のカラーコンタクトレンズとして

最近ではいろんな色のカラーコンタクトレンズが発売されています。

この液晶ディスプレイコンタクトレンズが商用化されれば、自由に好きな色を、好きな時に変更することができる最新のカラコンとして発売されるかもしれない。

色だけでなく、柄までも入れたり出来るわけです。

拡張現実をコンタクトレンズに

膨大な情報を表示するような液晶ディスプレイじゃないから、映画を観たりするようなものじゃない。

拡張現実をコンタクトレンズに表示するのが一番現実的かな。

スマートフォンで目的地まで案内を表示していたものを、コンタクトレンズに直接いくべき方向に矢印が表示されたら便利だよね。

現実世界がゲームの世界にもなる拡張現実(AR)みたいなことをコンタクトレンズに表示できるようになれば最高だな。

テキストメッセージが一番現実的って話なので、英語とか中国語とか読めない文章に出会った時、「読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる 」みたいなものが現実的かな。

スマートフォンじゃなくてコンタクトレンズに直接翻訳文を表示する程度のことはできるようになるかもしれない。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来たみたいに、メガネがコンタクトレンズに進化するんだろうね、きっと。

未来はまたスゴイ方向へ向かってるな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

テレビゲーム開発者の試行錯誤が分かるゲームの歴史

パックマンが1980年ですから、そこから約30年で急速な進化を遂げたゲームってすごいね。未来のゲームがどうなっていくのかも気になる。

Google TVが登場したらテレビ業界はどうなる?

ソニー、インテル、Googleが共同開発したGoogle TVだが、噂じゃAppleもテレビを・・・って噂があるけど、テレビを開発する必要はないと思うけど、どのテレビもネットにつなげることができるようになっていることを考えると、今のテレビ業界も今まで通りのやり方は通用しない。

紙のように曲げることができる有機ELディスプレイの未来を考える

最近、ペラッペラのディスプレイをソニーが開発したってニュースがあったけど、これが実際にどうやって私たちの生活に入り込んでくるかを考えてみる。

Never Wetという防水スプレーの驚異的な防水力!スマートフォンまでも防水にしちゃう

防水スプレーと聞くと、パラパラと降る雨をちょっと防ぐくらいでしょ?って思っていました、自分も。だがこのNever Wetは驚異的な防水力を誇るものです。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

限られた条件から生み出される優れたモノ

最近のオンラインサービスは様々な機能やサービスを盛り込み過ぎているのではないだろうか。もっと機能を絞り込んで、提供した方が良いのではないだろうか。必要ないものまで提供している事で、使いにくくなっている気がするのは自分だけだろうか。

Mozilla Labsが提案する未来のスマートフォンSeabird

コンセプトではあるが、非常に魅力的なスマートフォンを提案しているのが、ブラウザFirefoxの開発でおなじみのMozilla。こんなの発売されたら10万でも買うわ。簡単に言うと手の中に収まるノートパソコン以上の携帯電話!

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。