車のフロントガラスに道順を投影するカーナビが遂に市場に登場!GarminのHead-Up Display

2013年7月11日 19:51

近々登場するだろうと思われていたフロントガラスに道順などを投影するカーナビが、遂に市場に登場した。投影される情報はシンプルで、まだ想像しているようなものではないが…。

最近、自分もよく車を運転するので、カーナビにはお世話になってます。

ですが、走ったことがない道だと、前方とカーナビを交互に見ている自分がいて、こういうのが事故に繋がるんだよなぁって思っていたりもします。

ってことで、そんな脇見運転も少なくなるであろうカーナビが登場しました。

フロントガラスに投影

Garmin社のカーナビ「Head-Up Display」

未来がついにやって来ました。

まだまだ想像しているレベルのものではありませんが、シンプルで、見やすいかもしれません。

米国のGarmin社が発売するカーナビ「Head-Up Display (HUD)」は129.99USドル。

AR(拡張現実)ナビゲーション

スマホや最近のナビには、カメラを通してその映像にガイドラインをオーバーレイするものがあります。

このように、ガイドをフロントガラスに投影して欲しいんだけどなぁ。

まだそこまでのレベルに達していないので、そこらへんは日本企業がきっと頑張ってくれるでしょう。

期待して待ってます。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

カメラマンも一緒に写真に写れるカメラ!もう一人ぼっちじゃない

写真は撮るの好きだからバシバシみんなを撮影する。だけど、気がつくと過去の写真に自分が写っていない。そんなカメラマンにやさしいカメラを紹介します。

ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

見えないはずの場所を映し出す!未来のカメラがほぼ完成

久々に驚いた技術だ。例えば、見通しの悪いT字路を撮影した一枚の写真。このT字路を曲がった先に何があるのか分かるはずがない。って普通の人は思う。でも今回紹介する未来のカメラで撮影した写真なら…。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

Webカメラで顔を見れば心臓が健康かどうか判断できる

コンピュータは自分の知らない事を知っている。でも自分の身体の事は自分が一番知っている。・・・今まではね。遂に身体の状態まで分かってしまう・・・Webカメラで顔を撮影しただけで。

空気で走る車『The Air Car』

オフロードも走れるセグウェイみたいなDTV SHREDDER

道路はもちろん雪道や山道だって走り抜ける!だってキャタピラ付いてるもん。軍用目的のために開発したのかは分からないが、そういう使い方もできるようだ。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

絶対にパンクしないタイヤで走行する自動車!ちょっと柔らかめ

最近は、パンクしないタイヤの自転車とか売ってますからね、車もそろそろパンクしないタイヤが登場してもいい頃かと。市場にでてくるのはいつになるのか。