落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へ

2012年3月30日 17:57

このブログでも何度か電子ペーパーは紹介してきたが、もうっていうか4月に市場投入されます。韓国LG Display社が欧州で発売する電子書籍端末に搭載されるそうだ。

紙のように曲げたり丸めたりできる

このブログでも過去に何度も話題にしている電子ペーパー液晶パネルがついに市場投入ですよ!未来ですよ!

電子ペーパーというだけあって、まるで紙のよう。

電子ペーパー液晶パネル

曲げても平気なんですよ。割れないんです。

via LG Displayが曲がる電子ペーパー・パネルを量産開始、4月に欧州で発売へ

今回は電子書籍端末として

なので、さすがに電子書籍端末本体は曲げたりできないでしょうから、すごさが感じられないかもしれない。

ただ、iPhoneのように落としてもパキッと液晶画面は割れたりしない。

本体は壊れるかもしれないけどね。。

電子ペーパーで何が変わる?

実はこれも2年くらい前にブログで書いている。

今の携帯電話、スマートフォンは真っ直ぐした形、四角形が当たり前ですが、電子ペーパーの柔軟性があれば、弧を描く美しくユニークな形の携帯端末が登場するかもしれません。

また、電車の中吊り広告の文字や写真が動き出すかもしれない!

今回のLG Displayの電子ペーパー市場投入で「紙のように曲げることができる有機ELディスプレイの未来を考える」記事で書いたことが今年、来年に起こるかもしれない。

それだけじゃない。この柔軟性が高い電子ペーパー液晶パネルなら、いまTOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウも実現できそうな気がしてきます。

未来はすぐそこ

電子ペーパーというたった1つの製品だが、それがもたらす未来は非常に魅力的なものだ。

自分を取り巻く環境も大きく変化すると思う。とくに広告とデザイン分野。

3年くらい前に電子ペーパーの記事を書いていたときは、まだまだ先だと思ってたけど、あっという間に未来がやってきた気がする。

次は…ホログラフィックディスプレイの登場を待つかな。

2013/01/11曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場を書きました。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

android OSをアップデートしてふと思ったスマートフォンの良いところ

androidの技術的なことじゃなくて、本当にふと思った事なんですが、おおざっぱに言うと普通の携帯ではこうはいかないなって思ったわけです。それに気がついたのが、今回Xperiaのandroid OSをアップデートした時だったわけです。

StickNFindを鍵に付ければ失くしても平気!アプリですぐに見つけられる

急いでいる時に限って家の鍵が見つからなかったりするんですよね。すぐに出かけなきゃいけないのに…鍵をかけずに外出するわけにもいかない。そんな時、あなたはどうしますか?

未来のSIMカードはどんな携帯電話やスマートフォンでもSuicaやEdyが使える!?

自分が使っているXperiaにはおサイフケータイなど携帯電話をかざして決済することができない。おサイフケータイ機能はあれば便利なんだけどなぁって思っているのですが、その為だけに違約金払ってまで買い換えるわけには・・・。でも新しいSIMカードでそんな迷いもなくなるかもしれません。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。

スマートフォンもPCのように自作する時代がやってくる!

パソコンも最初はメーカーが作り上げた物しか買う事が出来なかったが、今では買ってきたパソコンをカスタムしたり、パーツなどを買って自分で組み立てることができる。スマートフォンでも自分にあったスペックにカスタマイズできる新しいサービスが登場した。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

また一歩ホログラムディスプレイが現実に近づいた!16個のウェブカメラで撮影して立体投影

ホログラム映像はSF映画などで、遠くにいるはずの話し相手が、まるで目の前にいるかのように話しているシーンを観た事があると思う。このホログラム技術がもう数年後には実現しちゃうかもしれない。

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。