曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場

2013年1月11日 17:21

CESネタ続きで申し訳ないが、以前から注目していた技術が一気に製品化へ向けてプロトタイプが発表されたので、許して欲しい。今回はペラッペラのディスプレイです。

約9ヶ月前に落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へという記事を書いた。

その時は、電子書籍端末などの使用される色が少ない端末に使用されるだろうと思っていた。

だが、9ヶ月経って発表されたプロトタイプは、なんとスマートフォン。

YOUMという名の有機ELディスプレイ

今回紹介するのは、YOUMという名のSamsungが開発した有機ELディスプレイ。

今までのディスプレイはガラスだったりしたわけですが、このディスプレイはフィルム。曲げても、落としても割れることはないんです。

この動画でも凄さは分かりますが、これが実際にスマートフォンとして形になるともっとすごく感じます。

グニャグニャ曲がるスマートフォン

フルカラーの映像を流しているディスプレイをグニャグニャっと。

様々な形のスマートフォンが登場するだろう

スマートフォンは、ディスプレイが端末の全体を占めるため、四角くて、平らで、みんな同じような形です。

これだけ柔軟なディスプレイがあれば、もうスマートフォンやタブレットなどの端末は平らである必要がありません。

Samsung Mobile Display CES-2011

これから発売される様々な端末は、なめらかな曲線を描く端末だったり、折りたたみ式だったりと、オリジナリティ溢れる形の製品が登場するかもしれません。

楽しみですね。

よろしければ、3年前に書いた紙のように曲げることができる有機ELディスプレイの未来を考えるも読んで貰えると嬉しいかな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

android OSをアップデートしてふと思ったスマートフォンの良いところ

androidの技術的なことじゃなくて、本当にふと思った事なんですが、おおざっぱに言うと普通の携帯ではこうはいかないなって思ったわけです。それに気がついたのが、今回Xperiaのandroid OSをアップデートした時だったわけです。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

TOYOTAが研究しているマルチメディアウィンドウに未来を感じる

小さい頃、車に乗っている時、曇っている窓ガラスを使って絵を書いたりしたものです。最近では、甥っ子、姪っ子は車の中でDVDを観ていたりします。時代によって車の中での過ごし方が違いますね。

紙の名刺はもう必要ない?みんなが使っている電子名刺vCardで十分

自分の名刺も、頂いた名刺も正直保管や持ち運びが大変。探すのだって一苦労だし、正直、最近名刺を見て連絡することなんて無い。もう紙の名刺はいらないんじゃないか?

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

Never Wetという防水スプレーの驚異的な防水力!スマートフォンまでも防水にしちゃう

防水スプレーと聞くと、パラパラと降る雨をちょっと防ぐくらいでしょ?って思っていました、自分も。だがこのNever Wetは驚異的な防水力を誇るものです。

手書きメモもスマートフォンで管理できるメモ帳とアプリ

普段、自分はメモや考えていることをスマートフォンのEvernoteでカキカキしているんですが、実際誰かと話し合いながらメモやイラストを書くとなると、メモ帳に手書きするしかないんですよね。そこで最近知ったのが「ショットノート」という存在。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

スマートフォンもPCのように自作する時代がやってくる!

パソコンも最初はメーカーが作り上げた物しか買う事が出来なかったが、今では買ってきたパソコンをカスタムしたり、パーツなどを買って自分で組み立てることができる。スマートフォンでも自分にあったスペックにカスタマイズできる新しいサービスが登場した。