曲げても割れない有機ELディスプレイYOUM!グニャグニャ曲がるスマートフォンが登場

2013年1月11日 17:21

CESネタ続きで申し訳ないが、以前から注目していた技術が一気に製品化へ向けてプロトタイプが発表されたので、許して欲しい。今回はペラッペラのディスプレイです。

約9ヶ月前に落としても曲げても割れない電子ペーパー液晶パネルがついに市場へという記事を書いた。

その時は、電子書籍端末などの使用される色が少ない端末に使用されるだろうと思っていた。

だが、9ヶ月経って発表されたプロトタイプは、なんとスマートフォン。

YOUMという名の有機ELディスプレイ

今回紹介するのは、YOUMという名のSamsungが開発した有機ELディスプレイ。

今までのディスプレイはガラスだったりしたわけですが、このディスプレイはフィルム。曲げても、落としても割れることはないんです。

この動画でも凄さは分かりますが、これが実際にスマートフォンとして形になるともっとすごく感じます。

グニャグニャ曲がるスマートフォン

フルカラーの映像を流しているディスプレイをグニャグニャっと。

様々な形のスマートフォンが登場するだろう

スマートフォンは、ディスプレイが端末の全体を占めるため、四角くて、平らで、みんな同じような形です。

これだけ柔軟なディスプレイがあれば、もうスマートフォンやタブレットなどの端末は平らである必要がありません。

Samsung Mobile Display CES-2011

これから発売される様々な端末は、なめらかな曲線を描く端末だったり、折りたたみ式だったりと、オリジナリティ溢れる形の製品が登場するかもしれません。

楽しみですね。

よろしければ、3年前に書いた紙のように曲げることができる有機ELディスプレイの未来を考えるも読んで貰えると嬉しいかな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Mozilla Labsが提案する未来のスマートフォンSeabird

コンセプトではあるが、非常に魅力的なスマートフォンを提案しているのが、ブラウザFirefoxの開発でおなじみのMozilla。こんなの発売されたら10万でも買うわ。簡単に言うと手の中に収まるノートパソコン以上の携帯電話!

進化し続けるディスプレイ技術の未来を観ることができる動画

最近すごい勢いで進化しているディスプレイ。こうなったらいいなぁって思っていることが数年後には実現されているかもしれない。ディスプレイが進化するとどんな未来が待っているのかを考えた動画を見つけました。

未来の卓球台「WALDNER」人間の審判はもういらない?

卓球って何対何なのか、どっちのサーブなのか、忘れたりするよね。この未来の卓球台は、大会試合などの卓球だろうが、旅館で浴衣着てやる卓球だろうが関係なく、厳しく判定して真剣に卓球をやらせてくれる。

文字が書ける電子ペーパーがついに登場!

もう紙がなくなる時代がすぐそこまで迫っている!この開発の速さでいけば、数年後には一人一枚電子ペーパーを持つかもね。

遠隔操作、時間、方向や温度でON/OFFできる超高機能な電池Batthead!充電して再利用も可能

電池と聞くと、電力を供給するだけの”単純”なイメージがあるが、Battheadは、その電池のイメージを払拭するくらい大幅にグレードアップして、”高機能”で”高性能”な電池が誕生しそうです。

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

popSLATEというスマートフォンケースが画期的!スマートフォンにディスプレイをもう一つ

スマートフォン専用ケースの背面って無地のものが多いですよね。popSLATEはそんな無駄なスペースに自分好みの写真を表示したりできるディスプレイを備えています。

ついにGoogle Driveが登場!DropboxとEvernoteを足して、さらに+αな感じ?

ついにGoogleからクラウドストレージサービスがリリースされましたね。その名もGoogle Drive。DropboxやSkyDriveなどがあるが、やはりそこはGoogle。魅力的なポイントがいっぱい!

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。